【マラウイニュース】4ヶ月で613人の移民を逮捕

613 Immigrants netted in 4 months

2022年5月21日 | Malawi 24

マラウイの移民局によると、今年1月から4月までに、さまざまな移民法に違反したとして、合計613人の移民を逮捕することができたという。

Malawi24の取材に対し、同局の国家広報官は、このような状況を明らかにした。
国家広報官によると、逮捕された人の大半はアジアとアフリカの角から来た人たちだという。

広報官は、移民局は、国の安全保障の強化と国の社会経済発展の促進を目的とした様々な戦略の展開を通じて、非正規移民の流入を抑制する決意であると強調している。

そして、外国人の不法入国を幇助する風潮を嘆き、不法入国を発見した者には法の裁きを下すと警告している。
「我々は、外国人の不法入国を幇助するよう誘惑する非国民や住民によって、非正規滞在が蔓延していることを認識している。私たちの職員は、この悪徳行為と戦うために24時間働いています。私たちは、このような卑劣な行為をしている人を見つけた場合、法律がそれを許さないことを強調したいと思います」と警告している。

さらに、同広報官は、マラウイの移民局が、不法入国を幇助することの危険性を強調することを目的とした、強力な啓蒙プログラムを展開していることを強調している。

この啓発プログラムを通じて、マラウイの移民管理に対する国民の姿勢を、観客から積極的な参加者に変えたいと考えていると話している。
「我々は、非正規移民を幇助している可能性のある個人、企業、雇用主に関する情報を持つ一般市民が移民局に連絡することを奨励します」と彼は付け加えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。