【マラウイニュース】糖尿病患者の半数が自覚症状なし

50% of diabetes patients unaware of condition

2022年5月4日 | THE NATION

非伝染性疾患(NCDs)との闘いにおいて、サービス提供の不備や認識不足が依然として大きな課題となっており、その結果、多くの患者が医療を受けられないでいることが明らかになっている。

29日にブランタイヤで開催された世界糖尿病財団の非感染性疾患プロジェクトの評価会議で、シニアプログラムマネージャーは、意識向上とサービス提供への投資を呼びかけている。
「NCD患者の約50%は、自分がその病気であることを知りません。NCDは伝染病ほど注目されていないのです」と話している。

しかし、プログラムマネージャーは、このギャップを埋めるためのパートナーの努力を称え、医薬品やその他のサービスに対する高い需要につながる認識という点では進歩が見られると伝えている。

マラウイ糖尿病協会の会長は、医薬品や医療機器の不足、保健所までの距離の長さを嘆いている。

パートナーズ・イン・ヘルスのプログラムマネージャーは、実施パートナーの一人であり、コミュニティからNCDサービスに対する多くの需要が生まれたと述べている。

彼は、手の届きにくい地域の人々をスクリーニングするために、血圧計と血糖値測定器を配布していると話している。

保健省の臨床サービス担当アシスタントディレクターは、マラウイ・クリスチャン・ヘルス協会とサービスレベル契約を結び、NCDサービスを無料で提供できるようになったと話している。

ランセット委員会2018によると、マラウイにおけるNCDの負担は35%に達している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。