【マラウイニュース】燃料価格調整で商品価格は上昇

Commodity prices increase amid fuel adjustments

2022年4月18日 | THE NATION

マラウイエネルギー規制局(Mera)が2022年4月10日に実施した燃料価格の調整により、同国の物価は上昇を続けており、状況はさらに悪化している。

砂糖、塩、パン、小麦粉、野菜などの基本的な日用品は、燃料価格の平均22%の値上げ後、週に平均K150~300の値上がりを記録している。

そのため、生活費の高騰に悩むマラウイ人の大半は、ほとんどの基本的な生活用品を手に入れるのに苦労しているのが現状である。

マラウイ消費者協会(Cama)は、市場価格の改善とWin-Winの関係を模索するため、取引業者やサプライヤーとの交渉を開始すると発表している。

先週のインタビューで、Camaのエグゼクティブ・ディレクターは、クワチャの下落、燃料価格の調整、ロシアとウクライナの紛争が価格の上昇を招いたと指摘している。

エグゼクティブ・ディレクターは、この点について、マラウイ人が大きな影響を受け、最も基本的な日用品を入手できない状態が続いていることは悲しいことであると話している。
「私たちは、ほとんどのサプライヤーを巻き込んで、より良い市場価格を交渉することを計画しています。我々は、貿易業者や供給業者もまた影響を受けていることを認識しているが、我々双方の利益のために何らかの共通点を見出す必要がある」と伝えている。

彼は、Camaは楽観的で、このような困難にもかかわらず、国はこのような大きな経済的負担から脱することができると確信していると話している。

社会問題センター(CfSC)の調べによると、マラウイの4都市(リロングウェ、ゾンバ、ブランタイヤ、ムズズ)の生活費は先月、平均5.45%上昇しK255,593となった。

このうち、メイズ、製粉、食用油などを含む食料バスケットは平均K147,134に上昇し、住宅、電気、水を含む非食料バスケットは、6人世帯で平均K107,985に上昇している。

週末に行われた抽出調査で、The Nationの取材に応じた人々は、日用品の価格上昇に不快感を示し、「苦労している」と語っている。

ブランタイヤに住むある市民はインタビューの中で、「これが世界的な問題であることは理解していますが、事業者は合理的に価格を調整することができると考えています。例えば、私たちは先週K750からK1000でパンを買っていますが、同じものを1200Kかそれ以上で売っている店もあります」と話している。

ゾンバに住むある市民は、別のインタビューで、政府が消費者を安心させるようなインセンティブを設けることが急務だと述べている。
「政府は国民が安心して暮らせるようにする必要があります。私たちが現在支払っている税金は高いし、日用品の価格が高いので、生活は非常に厳しくなるでしょう」と話している。

先週も、ウクライナとロシアの戦争の影響で悪化した生活費の高騰に対し、不安を抱える市民グループがブランタイヤの街頭でデモを行っている。

先週、政府の公式報道官でもある情報デジタル化大臣は、連絡を受けた際、政府は市民の苦しみを理解し、同情していると伝えている。
「私たちは国民に同情しています。彼らの苦しい状況を理解しています。私たちは、世界経済の動向が迅速に変化し、私たちが設定したことを達成することができるようになることを望んでいます。これは世界的な問題であることを忘れないでください。世界経済が減速しているのです。アメリカ、イギリスをはじめ、すべての経済大国がこの熱気を感じている」と述べている。

クワチャの下落を受けて、マラウイでは食料品の価格が上昇している。

しかし、ロシアとウクライナの戦争後、価格はさらに上昇し始め、両国と経済的につながりのある他の主要経済国にも影響を与えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です