【マラウイニュース】熱帯台風アナがマラウイへ

Tropical Storm ANA to enter Malawi tomorrow

2021年1月24日 | Malawi 24

気候変動気象サービス局によると、中程度の台風アナは、明日、ゾンバ、ムランジェ、パロンベ県を通ってマラウイに入る可能性がある。

同局の発表によると、嵐は24日時点でモザンビーク海峡にあり、モザンビーク東海岸に上陸すると予想される。時速40km、風速100kmで移動している。
「嵐の中心はマラウイ南部に向かっており、1月25日(火)早朝までにゾンバ、パロンベ、ムランジェ県を通ってマラウイに入る可能性があるとのことです。その後、西モザンビークに抜けるだろう」と発表している。

同局によると、暴風雨の恐れがあるのは、リロングウェ、チラズル、チョロ、バラカ、マチンガ、サリマ、ムワンザ、ネノ、ンチェウ、デッザ、ゾンバ、パロンベ、ムランジェの各地域となっている。

大雨と非常に強い風のため、被災地では洪水や樹木・電線の倒壊、一部の構造物の損傷が発生する可能性があります。同局はその後、高台に移動し、氾濫した川や小川を渡らないようにするよう勧告している。

一方、災害管理局(DoDMA)は、災害の起こりやすい地域でそのような問題に対処する早期警報システム・クラスターを起動させ、災害に対処する用意があることを表明した。

リロングウェで本日行われた記者会見で管理局長は、マラウイ国防軍が率いる捜索・救助クラスターがすでに警戒態勢に入ったと伝えている。
「メイズ、捜索・救助のための装備、ボートなど、必要な資源はすべて揃っています。しかし、SADCの下にある近隣諸国から支援が得られると確信しています」と話している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。