【マラウイニュース】ユネスコが10代の多い妊娠件数に懸念

UNESCO concerned over high number of teenage pregnancies

2021年7月31日 | Malawi 24

国連教育科学文化機関(UNESCO)が、マラウイ国内でのCovid-19感染拡大が始まって以来、早期で意図を介さない妊娠件数の増加に懸念を表している。

マラウイ政府主導による、10代の妊娠と児童結婚についてのCOVID-19早期アセスメントによると、マラウイではコロナ禍で13,000件の児童結婚と40,000件以上の10代の妊娠が記録されている。

ユネスコのマラウイ国内プロジェクト担当官は、早期の意図しない妊娠の問題は、高所得国と低所得国の両方に影響を与えており、若者の生活、特に少女たちの生活に、健康、社会、経済、教育の成果という点で大きな打撃を与えていると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。