【マラウイニュース】マラウイ政府がメイズ輸出は食糧保障に影響を与えないと伝える

マラウイ政府が貿易省を通じて、メイズを輸出する判断を擁護し、国内の食糧保障に影響を与えるものではないと主張している。

今年の収穫の貯蓄を生み出すことと、昨年の収穫からのメイズの余剰貯蓄を輸出用として市場経済で処理するために、政府はメイズ輸出ライセンスの発行を開始していた。

今年の2月に農業大臣が、今年のメイズ収獲予測は400万メートルトンになると明かしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。