【マラウイニュース】ブランタイヤ住民が水道公社の値上げ後に断水に遭う

Blantyre residents experience dry taps days after waterboards raised tariffs

2021年12月1日 | Face of Malawi

水道公社が水道料金値上げの正当な理由の一つとして、サービスレベル合意書を結んだ数日後、ブランタイヤの住民が断水に遭っている。

マラウイ消費者協会と契約が行われたサービスレベル合意書には、ブランタイヤ水道公社(BWB)を含む水道公社らは、消費者が水を購入するために家計が苦しくなるために、不断の水道供給を約束していた。

ゾディアックの調査によると、ンディランデ、ニューラインズ、マチンジリといった地域で、2日~4日間水道なしで生活をしているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。