【マラウイニュース】トンセ連合政権が今週燃料価格を値上げへ

Tonse Alliance to hike fuel prices this week

2022年3月26日 | Malawi 24

新しく設立されたマラウイエネルギー規制庁(MERA)理事会は今週、20%以上の燃料価格の値上げを発表する予定となっている。
この値上げは、MERAに理事会がなかったために遅れたと言われている。

ガソリン価格は1リットルあたり1,150.00マラウイ・クワチャから約1,500マラウイ・クワチャに値上げされるという。

軽油MWK1,120.00/リットル、灯油MWK833.20/リットルも値上がりが予想されている。

MERAが前回燃料価格を調整したのは昨年10月である。
1月には、燃料価格の値上げを示唆したが、値上げは実施されなかった。

今月初め、MERAは、燃料の輸送コストの上昇とクワチャの下落により、燃料価格は値上げに値すると伝えていた。

10月の燃料価格調整以降、ガソリン、軽油、灯油の陸揚げコストはそれぞれ16.16%、24.67%、24.71%上昇したと当局では述べている。

自動燃料価格調整制度の下では、石油製品の陸揚げ価格が±5%のトリガー制限を超えた場合、燃料価格は調整の対象となる。

MERAは今月初め、ラザルス・チャクウェラ大統領によって新しいMERA理事会が任命されれば、燃料価格を調査すると伝えていた。
「MERA委員会が設立されれば、陸揚げコストの変化やその他の経済的要因を考慮し、石油製品の適切な価格を決定する」と当局の声明で述べられている。

大統領は今週、レックフォード・カンパニエ氏を議長とし、イノセンシア・チロンボ氏を副議長とする新たなMERA理事会を任命した。
メンバーには、ラメク・ンチェンベとウレム・カンブウィリが含まれている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。