【マラウイニュース】チャクウェラ大統領が政府が自らの大統領手当減額を発表

Chakwera says government to reduce his presidential benefits

2021年2月3日 | Nyasa Times

ラザルス・チャクウェラ大統領は、低迷する経済における経費削減策として、自身の大統領手当、閣僚手当、政府高官の手当を削減することを政府に許可したと発表した。
チャクワラ大統領は、木曜日に、第49回国会と2022/23年度予算会議の開会式で、「長期的優先事項を実現し、短期的圧力を分散させるためのシステム修正」と題する国家基本演説を行った際に、このように述べた。

チャクウェラ大統領は、政府はまた、国の金銭的資源に対する圧力を減らすために、車両の調達の削減を実施すると伝えている。
大統領は、2022/2023年の国家予算は不景気を是正し、生活費の上昇を抑えるように調整されているとし、政府は経済の問題を理解し認めていると付け加えている。
これはマラウイ・クワチャの下落や燃料の陸揚げコストの上昇に起因するものだと述べている。

彼は、政権が国家予算を通じて、経済を立て直すための対策を実施すると伝えている。
しかしチャクウェラ大統領は、マラウイ経済は3%成長したと述べ、これはAIPプログラム、Covid-19の対応、電力供給の改善によって推進されたものであるとしている。
また、鉱業や教育などの分野を例に挙げ、機能不全と称するシステムの見直しを呼びかけている。
もし国の財政的資源が無限であれば、政府はすべての問題を一度に解決しただろうが、Tトンセの指導者は問題を一つ一つ解決していくと伝えている。
チャクウェラ大統領は、政府は、今後3年間に1.5トンの金を購入する目標を設定したと伝えている。

雇用創出については、チャクウェラ大統領は、政府が公共部門と民間部門で90万人以上の雇用を創出することに成功したと話している。
彼は、100万人の雇用創出の目標は与えられた期間内に達成されていないが、彼の政府は、より多くの人々を雇用するために、常に対策を練っていると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です