Airtel Malawi donates K15m worth of assistive devices to learners with disabilities

2021年7月16日 | Nyasa Times

政府の行う国内の包摂的教育を促進する施策を補助するために、エアテル・マラウイが補助機器を視力に障がいのある生徒へ寄付した。

寄付された機器はK1,500万相当で、パーキンス点字機10台、点字エンボス加工機1台、エンボス加工紙9枚、尖筆13本、杖12本、紙付点字ハンドフレーム68個が含まれている。

贈与式典でエアテル・マラウイの管理責任者が、この寄付は企業の社会的責任の一つであると伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください