Kwacha in slight gain

2021年1月10日 | THE NATION

マラウイ中央銀行(RBM)の統計によると、過去12ヶ月間下落傾向にあったクワチャは、主要3外貨に対してわずかに上昇した。
中央銀行は最新の「金融市場発展週報」で、現地通貨がドル、ポンド、南アフリカランドに対して上昇し、ユーロに対してはわずかに下落したと発表した。

この数字によると、12月31日に終了した週に現地通貨は1ドル=K819.4421と3.32K上昇し、今年を締めくくっている。

RBMの金融市場開発日報によると、先週の金曜日、現地通貨は対ドルで約K816で取引され、これは1ドル=K819からさらに上昇したものとなる。
中央銀行はこの上昇の原因について説明していないが、市場アナリストは土曜日のインタビューで、わずかな上昇の原因は外貨に対する需要が減少したことにあると述べている。
「ほとんどの企業はマラウイ国内外での年末年始休業をしており、国際的な取引は減少し、その結果、外国為替に対する需要が減少している。そして、輸入業者は仕入先が休みのため、支払いに力を入れてない。 現在でもほとんどの企業が休業しており、その上、1月は伝統的にお祭りの後で需要がやや少ない。」と伝えている。

アナリストは、外国為替市場は需要と供給によって動いているため、自国通貨が高くならないのは、通貨が供給側でうまくいっていないためかもしれないと付け加えた。

更に他の市場・投資アナリストは金曜日のインタビューで、経済にはまだ外国為替申請の残りがあり、クワチャはすぐに下落に転じると見られるため、上昇は一時的なものだとしている。

ブリッジパス・キャピタルの最高経営責任者は、需要と供給のアンバランスがまだ残っているとして、値上がりを過度に読み取る必要はないと述べている。
「経済の構造的な問題はまだ残っているので、これは短期的な変動に過ぎないかもしれない」と話している。

クワチャは、昨年11月時点で1ドル=約K700の損失が中央銀行から発表されるなど、この1年、波乱含みの航海を続けている。

アナリストは、クワチャの下落は、持続的な需給のアンバランスに加え、取引活動の減少が原因であると指摘している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください