WFP cuts 63 jobs in Malawi | THE TIMES

2020年12月7日 | THE TIMES

世界食糧計画(WFP)がマラウイで63人を解雇した。
WEPマラウイ担当ディレクターによると、組織としての調整であるとしている。

解雇後も、マラウイで援助を必要としている極めて貧しい人々へ、最良な援助を提供できる組織構成となっているという。

63人の現地スタッフを解雇し、新たに23人の駐在員を採用するとしている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください