【マラウイニュース】TNMとエアテルが30%の料金値上げを提案

TNM, Airtel propose to hike charges by 30 percent

2021年11月30日 | Malawi 24

携帯通信事業者であるエアテルとTNMが、30%のデータ通信料金の値上げを提案した。
情報大臣が、無期限データバンドルについての閣議決定は発表した際に、国会でこのことを明かした。

大臣によると、バンドルの期限切れについての懸念を国会が表明した後、情報省はサービス事業さらと今年6月に会合を行い、解決策を模索したという。
エアテルとTNMは、マラウイ通信規制局(MACRA)に検討と承認を受けるために無期限のデータバンドルの要請を行っており、3GB未満から100MBの低データバンドルの8と10の料金カテゴリーを目指していた。

しかしながら、無期限バンドルの料金は通常のバンドルよりも30%高いものになっていると大臣は伝えており、MACRAはその無期限バンドルの適用を保留し、料金をさらに低価格にするためにさらなる検討を求めている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です