【マラウイニュース】TNMがインフラ投資にK315億:K106億を納税

TNM invests K31.5bn in infrastructure: Pays K10.6bn in taxes and levies

2021年7月12日 | Nyasa Times

マラウイの携帯事業先駆者でICTを牽引するサービスプロバイダーであるTNMが、2020年度にインフラにK315億を投じており、デジタル・トランスフォーメーションでの世界のトレンドに同調するTNMのビジョンに沿う、成果の期待できる適切な持続可能な事業環境を生み出す施策の一つとしている。

TNM取締役会会長はTNM関係者らに、2020年にTNMはMK522億の富を生み出したと伝えている。

株主にMK369億を配当しており、MK106億という大部分を政府に納税したと加えている。
TNMの従業員はMK99億というTNMが今年生み出した価値を手に入れたと伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。