【マラウイニュース】TAATがマラウイのブドウを潤す

TAAT waters Malawi vines

2021年3月31日 | THE NATION

マラウイ料理は根菜にかなり依存しており、ポテトやキャッサバのようなものを代表とする食事である。

アフリカ農業変革テクノロジー(TAAT)がマラウイの農家を、困難な気象条件でも収獲量を確実にする適切なテクノロジーで支援している。
近代的な多様で農学術的な裏付けによる適切な灌漑技術との組み合わせは、生産性を上げて農家の安定した収入を生み出すことを強化する解決策として、好例とされている。

特にマラウイでは、TAAT水支援契約(TAAT-WAC)が国際ポテトセンター(CIP)の主導するオレンジ果肉のサツマイモ(OFSP)の契約を可能とし、これを通して、国際水管理機関(IWMI)とCIPが、小規模農家をOFSPのための品質の高いブドウ生産を支援するのに力を合わせた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。