マラウイ歳入局(MRA)が、「Kuiphula ndi lisiti langa campaign」と題したプロモーションを通して、購入後に電子決済端末(FSD)で発行された領収書の提出をしなかった事業者を報告した国民に、K40,000の現金での懸賞を与えるキャンペーンを行っている。

MRAは、購入をした時の領収書を受け取ることを国民に推進することによって、事業者の付加価値税(VAT)の取引を生み出そうとしている。

このキャンペーンは2021年1月11日から、ブランタイヤとリンビ、ゾンバ、リロングウェ、ムズズで1週間実施され、3月末までの3カ月間の間で実施されることになる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください