【マラウイニュース】MACRA、無免許の宅配業者に警告、捕まると100万円の罰金と2年の実刑判決

MACRA warns unlicensed package couriers of K1m fine plus two-year jail term if caught

2022年4月13日 | Nyasa Times

マラウイ通信規制局(MACRA)は、一般市民に対して、小包や荷物を様々な目的地に送る際に利用するバスやその他の自動車がMACRAの登録証明書を持っていることを確認するキャンペーンを実施している。
このキャンペーンは火曜日にブランタイヤのウェネラ・バスデポで実施され、「ダレ・ワンガヨ」で有名な人気アーティストによるライブバンドの演奏が行われ、大勢の観客を魅了した。

このイベントは、MACRAがバス事業者、および違法に長距離輸送を行うその他のドライバーに対して、無免許で小包や荷物を配送した場合、K100万の罰金と最高2年の懲役が科されることを警告する機会にもなった。

MACRAはマラウイ警察も関与し、宅配便の配達が違法であることを証明するとともに、もしそのような行為を発見したら、警察かMACRAに報告するよう集会参加者に助言している。
参加者は、さまざまな認可を受けた宅配便業者について説明を受けるとともに、関心のあるバス事業者やその他の運転手に対し、ブランタイヤのジネリー・コーナーにあるMACRAの本社でまず登録を行うよう勧めている。

MACRAのコミュニケーション・マネージャーによると、規制当局は、バス事業者やその他の長距離タクシー事業者による違法な宅配サービスが横行していることがわかり、宅配サービスは非常に繊細であると警告を発することを決定したという。

もし、違法な手段を使って荷物や小包を紛失したり、盗まれたりしても、補償を受ける手段がないため、一般の人々へ、MACRAのライセンスを持っていることを証明できる業者を利用するように勧めている。
「しかし、荷物が登録された宅配便で送られた場合、MACRAは補償べきという意見を支持することができます。私たちは、宅配便がデリケートな問題であることを知らない人たちを守るために、このような取り組みを行っています。MACRAは、通信法により、放送局や携帯電話サービスプロバイダーを規制することに加えて、郵便事業も規制しなければならないと定められているのです」と話している。

また、MACRAが介入した登録された宅配便でさえも、荷物や小包が紛失するケースが数多くありましたが、貴重な荷物を持って姿を消した者は追跡されず、被害者への補償を支援することができなかったと述べている。

コミュニケーション・マネージャーは、違法な運送サービスに対する処罰は、オプションではなく、K100万の罰金と2年の懲役であることを強調している。

この活動は、フギー・カシパのバンドメンバーの一人が、MACRA職員と警察によるプレゼンテーションの質疑応答に参加者を誘い、正解者にはMACRAブランドのTシャツ、キャップ、高級ペンが贈られるというスパイスの効いたものである。

これは、会場のすぐそばに停車した移動診療所でCoVID-19の予防接種を受けるように呼びかけるなど、双方向の雰囲気を作り出すためのものとなっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です