【マラウイニュース】LGBTQがリロングウェ市議会に請願書を無視されたと主張

LGBTQ claims Lilongwe City Council snubbed petition

2022年6月12日 | THE NATION

リロングウェ市議会(LCC)は、金曜日に首都で行われたプライド・デモの後に届けられたレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クィア(LGBTQ+)コミュニティからの嘆願書を無視したと、このグループは主張している。

デモの主催者であるニャサ・レインボー・アライアンス (NRA)のプログラム・オペレーションマネージャーは、土曜日のインタビューで、この状況を認めている。

その代わりLCCは、大統領府・内閣府宛ての請願書を国会に届けるようにと伝えたという。

しかしデモ参加者たちは、その大半が顔を隠しており、国会議事堂で1時間以上待ったにもかかわらず、国会に請願書を届けることができなかった。
代わりに、彼らはマラウイ人権委員会(MHRC)でそれを渡していた。

デモの主催者は次のように述ベている。
「市議会が私たちの請願書を受け取るはずでした。私たちは国会に照会されましたが、誰も受け取ることができませんでした。最終的には、政府がMHRCにLGBTQ+コミュニティに影響を与える問題についての調査を依頼する権限を与えたので、私たちはMHRCにそれを届けました。」と話している。

しかし、LCCの広報担当者は、土曜日、この展開について知らなかったと述べ、日曜日、The Nationが、主催者が請願書を扱っていると話している人物に尋ねた。

その人物もまた、知らなかったと言い、代わりに、議会が期待している唯一の請願は「レインボーのなんとか」の組織からのものであると話している。

NRAのことかと尋ねられた彼は、「今日は週末で非番だから」インタビューに応じるつもりはなかったという。

一方、国会広報官は、国会に請願書を届けようとする動きがあったことは知っているが、各団体は議員を通じて提出するよう助言されたと述べている。
「請願書を届けるときは、国会議員を通さなければならない。では、彼らはその請願書を受け取るために誰を予約したのでしょうか」と彼は質問している。

主催者側は、議員を通さなかったと話している。

MHRCは、彼らが請願書を受け取ったかどうかを確認するための私たちのアンケートに回答しなかった。

請願書の中で、LGBTQ+コミュニティは、医療の拒否や彼らに対する恣意的な逮捕を含む彼らの権利の濫用に懸念を表明している。
「警察は、LGBTQ+の人々がレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックスであるというだけの理由で、頻繁に逮捕しています。このため、マラウイのゲイ男性の中には、社会の期待に応え、嫌がらせや差別、恣意的な逮捕を避けるために、女性と結婚して自己検閲する行動を取らざるを得ない人さえいます」と嘆願書の一部には書かれている。

マラウイの刑法153条と156条は、男性同士の同性間の性行為を犯罪としており、有罪判決を受けた者は、体罰を伴うかどうかにかかわらず、最高で14年の禁固刑に処せられる。

マラウイ刑法第137条Aは、「女性間のわいせつ行為」を犯罪としており、有罪となった者は5年の禁固刑に処される。

2012年、法務省は、同性間の性行為を犯罪とする法律を廃止するかどうかの判断を保留している。

プライド・デモは、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの社会的、自己受容、業績、法的権利、誇りを祝う屋外イベントである。

また、同性婚などの法的権利を求めるデモとしても行われることがある。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です