【マラウイニュース】LGBT旅行者にとって最も危険な(安全な)国々

The Most Dangerous (And Safest) Countries For LGBTQ Tourists

2021年3月27日 | instinct

アシャー&リリック・ファーガソンが、LGBT旅行者にとって重要となる9つの指標に基づいて、150か国をそれぞれ調査している。

2021年の調査が発表され、最下位の国々に驚きはない。ナイジェリアとサウジアラビアが同性愛を死刑としており、LGBTQの権利は存在していない。カップルで外出することは大きな問題となり、暴力を受ける危険がある。観光へ開かれているというサウジアラビアの素晴らしい広告にだまされてはいけない。

マラウイ146位
同性愛は男性で懲役14年、女性で懲役5年となり、体罰刑を科されることもある。
LGBTQ+を支援する組織は禁止されている。

ワースト5位

  • 150位 ナイジェリア
  • 149位 サウジアラビア
  • 148位 マレーシア
  • 146位 マラウイ
  • 145位 オマーン

ベスト5位

  • 1位 カナダ
  • 2位 オランダ
  • 3位 スウェーデン
  • 4位 マルタ
  • 5位 ポルトガル
close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です