人権保護連盟(HRDC)がトンセ連合政権へ、K62億のCOVID-19基金の詳細な使用報告を国民へ提供するよう求めている。

HRDCの議長によると、2020年8月に公開されたK62億のCOVID-19基金の使途方法の説明を災害管理局(DODMA)へ求める国民から、いくつかの疑問や懸念、内部密告を受けているという。

ラザルス・チャクウェラ大統領は先月、K6,000万は会議とモニタリングの計画と、国内視察の調整に利用され、K5億3,500万はマラウイ人帰国者の管理、K5億8,000万は共同国境警備へ、K7,200万を増加しているリスクへの衛生管理と感染拡大の中で増加する性暴力、資源や現金利用にて被害者やその家族を支援するために利用されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください