HIV infections drop by 66%

2021年10月27日 | THE NATION

マラウイはHIVとエイズとの戦いで目に見える神秘を続けており、保健省の統計によると、HIVに関する死亡と感染が、10年以上で66%減少していることがわかった。

26日のリロングウェでの全国HIVエイズ対応合同年間評価会議で保健大臣が提示した統計によると、HIV関連死亡者は2010年の32,000人から2021年の10,800人に減少しており、66%の現象となった。
また、2010年のHIV感染者は56,000人だったが、2021年には19,000人に減少しており、こちらも66%の現象となっている。

2020年から2025年のHIVエイズマラウイ国家戦略計画によると、15歳以上のHIV有病率は現在9.3%となっている。
性別による分析にでは、女性の有病率は10.8%で男性が7.7%となり、新規感染の33%は若者である。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください