保健大臣のクンビゼ・チポンダが、ブランタイヤの国内最大施設であるクイーン・エリザベス中央病院(Qech)にコンピューター断層(CT)撮影機と呼ばれる救命機器を約束した。

Qechディレクターによると、ノルウェー政府によって資金拠出された新しいCTスキャナーは、利用ができずにいた患者たちへの負担を軽減することになる。

8年前にCTスキャンが故障してからは、市内のムワイワトゥ病院で有料で利用しているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください