【マラウイニュース】Covid-19大統領タスクフォースがマラウイでの感染第三波を無視

大統領Covid-19タスクフォースが、感染拡大の第三波の国内での発生可能性を考慮していないという。
陽性率は9.7%から金曜には11.2%に増加していたが、土曜には42人の陽性者が報告され7.2%と減少していた。

当局が、政府は陽性率が5%未満になったらCovid-19規制を緩和することを示唆している。

地元民間事業者は、Covid-19ワクチンがこれから数カ月でビジネス環境改善に寄与すると楽観している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。