政府は、ムズズ、リロングウェ、ブランタイヤ、ゾンバの都市での185,248人の国民へ想定されているCovid-19都市部現金介入計画用の基金の開始をいまだ行っていない。

経済計画開発省の社会保護担当経済学者が、計画開始の遅れは、政府が携帯電話会社との連絡を待っているからだと伝えている。

この計画では、2021年1月から開始され、各受給者が3カ月間少なくともK35,000を受け取るとされている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください