Covid-19 pushes up Internet traffic by 35%

2021年10月23日 | THE NATION

Covid-19感染拡大がインターネット通信量を増加させており、多くの活動がオンラインになり、グローバルインターネット帯域が2020年には35%増加したことが国連のデータでわかった。

国連貿易開発委員会(Unctad)は声明で、モバイル端末とインターネット通信機器の数の増加で、モバイルブロードバンドによるデータ通信量は、2026年に総通信量の約3分の1を占めることが予想されている。

国家計画委員会統括部長によると、ICT分野での税金問題への対処法は、デジタル経済戦略の中で明確にされており、マラウイ通信規制局(Macra)がICTサービス提供者の収益に3.5%を課税し、その費用は最終的に利用者が支払い、これがMacraが多くの理由で対処することのできる状況だという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください