【マラウイニュース】92歳チャラマンダ氏がTilTokでバズる

Chalamanda finds TikTok fame at 92

2021年1月21日 | THE NATION

92歳のギデス・チャラマンダ氏は、TikTokが何であるか知らず、スマートフォンも持っていない。

しかし、このマラウイの伝説的な音楽家はソーシャルメディアのスターとなり、彼の曲リニー・フーは動画共有プラットフォームで8,000万回以上再生され、南アフリカからフィリピンまでマッシュアップやリミックスを生んでいる。

マラウイの商業都市ブランタイヤから20キロほど離れたマカダミア農園の端にある自宅で、チャラマンダはAFPに話している。
「人々が携帯電話で動画を見せに来るが、私はそれがどのようなものなか分からない。でも、みんなが楽しんでくれていること、私の才能が正しく注目されていることが嬉しい」と、チチェワ語で話している。

70年にわたりマラウイの音楽シーンに君臨してきたこのシンガー&ギタリストは、白髪で少し腰が曲がっているが、若いファンたちと談笑しながら、若々しい活気を見せている。

チャラマンダ氏が娘の一人を讃えた『リニー』を初めて録音したのは2000年のことだった。

しかし、世界的な評価を得たのは、その20年後、ペイシェンス・ナマディンゴが彼と組んで、リニーのレゲエ・リミックス「Linny Hoo」を録音してからのことだ。

白黒のビデオには、白いシャツとVネックのセーターに身を包み、笑顔で歯を見せているチャラマンダが、自宅前の木の下で近所の人たちに見守られながらナマディンゴとジャムセッションをしている姿が映し出されている。
この動画はYouTubeに投稿され、690万回以上の再生回数を記録して話題となった。

そして昨年末、TikTokに上陸し、世界中を駆け巡っている。

チャラマンダは、この曲がソーシャルメディアでセンセーショナルな人気を博していることを、彼の子供やその友人から聞いて初めて知った。

その後、ナマディンゴと一緒に彼の代表曲のリミックスをいくつかレコーディングしている。
娘のリニーの16歳の夫の連れ子オースティンは、祖父の長寿を誇りに思うとAFPに語っている。
ヒップホップアーティストを目指している彼は「今日まで長生きしてくれてよかった」と話している。

マラウイ南部の小さな町チラズルに生まれたチャラマンダ氏は、アメリカに行くことを夢見るバッファローソルジャーやナポロなどの軽快な歌で母国では有名になった。

この10年間、彼は何人かの若いミュージシャンとコラボレーションし、今でも全国で演奏活動を行っている。
TikTokでは、「#LinnyHooChallenge」として、DJや一般のファンが独自のリミックスを制作しています。
「クラブやフェスで彼の音楽が流れると、誰もが踊りたい衝動に駆られるんだ。それくらい魅力的なんだ」と、ミュージシャンで長年のコラボレーターであるデイビス・ンジョブさんはAFPに語っている。
「彼が長い間若い人たちと一緒に仕事をしてきたという事実は特別なことです」

2度の結婚を経て14人の父親となり、そのうちリニーを含む7人が存命であるチャラマンダ氏は、TikTokの再生で印税を確保する方法は分からないという。

夫婦で経済的な利益を得ることを望んでいる。
「曲の人気にもかかわらず、私には何もないことにただただ驚いています」とチャラマンダ氏は語った。
「世界中の人々を踊らせたことに興奮する一方で、私にも何らかの利益があるはずだ。私にはお金が必要なのです。」

マネージャーはAFPに対し、マラウイ著作権協会が支援する用意があるとしながらも、この問題を調べていることを明らかにした。

マラウイのフェスティバル・インスティテュートのアート・キュレーターは、TikTokのようなプラットフォームがアフリカの才能に新しい機会を与えていると評価している。
「特に過去の曲は、とても深く描かれていて、今でも心に響くものがあります」と彼女は伝えている。
「本当に必要なのは、それを経験し、その重要性を認識する機会を得ることです。それがここで起こったことだと思います。」

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。