Malawi: 33 Percent of Malawians Have No Access to Potable Water

2021年12月8日 | All Africa

国内の33%の世帯が、浄水された安全な水道と衛生設備の利用ができていないことが最近の研究でわかった。
それらの多くは農村部に住んでいる世帯である。

森林自然資源省水道サービス部部長は、政府は2030年までにこれを解消しなければならないと伝えている。
政府は2021年から2022年の国家予算で、この分野での配分をK300万からK900万へ予算を増やしている。

政府は正しい方法でNGOと協力して更に推進できると考えており、様々なプログラムが実施されているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください