【マラウイニュース】2022年の綿花購入免許は4社のみ

Only four companies licensed to buy cotton in 2022

2022年5月15日 | Nyasa Times

マラウイ綿花協会(CCM)は、今年の綿花購入のライセンスを取得しているのはわずか4社であることを明らかにした。

その中には、伝統的な綿花の買い手である国営農業開発販売公社(ADMARC)の名前は見当たらない。
CCMの事務局長は、金曜日にリロングウェで記者会見し、ADMARCは、農民への支援を通じて綿花生産に投資していないため、今年は糸を購入しないだろうと話している。

事務局長は、ライセンス企業は、政府が設定した最低価格であるK400でリントを購入することが期待されていると述べている。
「この価格は、生産コストと国際市場価格を考慮し、業界のステークホルダーとの厳格な協議プロセスを経て決定されました。」と話している。

事務局長は、農家に安い価格を提示し、種綿を集め、より高い価格で綿加工業者に販売する不誠実なトレーダーや仲介業者から生産者を守るために、協議会が懸命に努力することを約束している。
また、綿加工業者の投資を保護するため、業者に融資したすべての農家が融資を返済するように努めると伝えている。

アフリカン・インスティテューション・オブ・シチズンシップ(AICC)のプログラム責任者は、様々な課題に直面しているものの、綿花部門はマラウイ経済に貢献する大きな可能性を持っていると述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。