マラウイ政府は翌年、290万人の国民の国家身分証明証(IDs)の更新と再発行に約K50億が必要になる。

マラウイが2017年5月に国民の大量登録を実施して以来、国家IDは銀行、投票、農家への補助金のようなサービス提供のために最も重要なものとなった。

2018年~2020年に期限切れになる予定になっていた全てのカードが2021年に引き伸ばされたことによって、2021年に290万人のIDカードが期限切れになる。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください