【マラウイニュース】20リットルまでの燃料を携行缶で購入することが可能に – エネルギー規制局

Up to 20 litres of fuel can be bought in jerry cans — MERA

2022年4月4日 | Malawi 24

マラウイエネルギー規制局(MERA)によると、安全な容器に入った20リットルまでの燃料を購入できるよう、一時的な免除を行ったという。

MERAは、違法な燃料貯蔵の増加を懸念して、携行缶での燃料購入を禁止している。
容器に入った燃料を購入したい者は、MERAに免除を受けるよう求められていた。

しかし、一部の消費者からは「ガソリンスタンドに機械を持ち込めない」という反発があった。

MERAは昨日、小売店に持ち込めない設備や機械に燃料を必要とする顧客や消費者のために免除措置を導入したと声明を発表した。
「MERAは、安全な容器(専用の携行缶やドラム缶)に入った20リットルまでの燃料を、MERAに申告せずに購入できるように、一時的な免除を検討しました。燃料は目的の機械に移されることが予想されるため、容器は燃料貯蔵施設として使用すべきではありません」と声明文の一部に伝えられている。

2009年液体燃料およびガス規則では、商業目的で燃料を保管しようとする者は、まずMERAに登録し、液体燃料およびガスの保管に関する基準に従わなければならないと定めています。この制限は、灯油の貯蔵には適用されない。

最低基準を満たした自家発電機には、申請書の提出と1kVAあたりMK100、20kVA-30kVAの発電機には最低MK3,000の手数料を支払うと、登録証が発行される。自家用発電機がベースロードとして使用される場合、料金は1kVAあたりMK150となる。

20kVA以下の自家発電設備は、MERAへの申告が必要となる。
この申告には料金はかからない。

MERAはそれ以来、燃料小売・卸売店の一般人や経営者に対し、法律に違反した者は罰金を科せられるか、液体燃料およびガス(生産および供給)法に基づき燃料小売・卸売店が閉鎖される可能性があると警告している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です