【マラウイニュース】1,620人の子供が初回のファイザーワクチンを接種

Over 1,620 children have received first dose of Pfizer

2021年1月22日 | Face of Malawi

2021年12月以降、国内で約1,620人の子どもたちがファイザー社製、COVID-19ワクチンの初回接種を受けた。
木曜日のインタビューで、保健省広報官(PRO)は、接種者は12歳から17歳の間の年齢であると伝えている。

子どもたちを感染から守り、COVID-19の蔓延を最小限に抑えるために、このワクチンを導入したという。
PROはこの数字について、12歳から17歳の子どもの人口が多いことと比較すると、大きな数字ではないとしています。
「私たちは、教育省や伝統的な指導者たちと協力して、国民にこのワクチンを知ってもらいたいと考えています」と広報官は説明している。

また、同省はこれまで問題を受けたことはなく、これはワクチンが子供たちにとって安全であることの明らかな証拠であると付け加えた。
「これは、親が子供を予防接種のために保健センターに送るきっかけとなるはずです。これは国にとっても安全となることですが、もっと重要なのは子供たちの命です」とチクンベは説明しました。

保健省は、このワクチンを国内の全県に展開することを計画している。

ゾンバのマタワレ・タウンシップに住む女性は、親として、子どもたちが予防接種を受けるのを手伝い、助言することは、国内でのCOVID-19の蔓延を抑えるために良いことだと話している。
「多くの親が自分の子供にワクチンが安全かどうかわからないから、接種を勧めていないように感じます。子供たちがワクチンを受けても害がないことを人々に知ってもらうために、もっと啓発する必要があるのです」と彼女は付け加えた。

ファイザー・ビオンテックワクチンは、4週間の間隔をあけて2回接種するワクチンで、現在、国内の12歳から17歳の子どもたちに投与されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。