【マラウイニュース】150MW風力発電プロジェクトを民間企業が計画

Firm plans 150MW wind energy project

2022年4月28日 | THE NATION

現在の電力不足の中、投資家は同国のエネルギー分野でのビジネスチャンスに注目している。

ウインド&ソーラー、クレスコ、ハフニア・ウインドの3社からなるコンソーシアムは、150メガワット(MW)の風力発電所の開発を申請しており、その投資額は2億2千万ドル(約K1,800億)相当とされている。本紙記者は、コンソーシアムのカントリープロジェクトディレクターにインタビューを行い、彼らの投資計画について説明した。抜粋してご紹介する。

エネルギーへの投資家として、どのような人物なのか簡単に教えてください。

私たちは南アフリカを拠点とする風力発電技術を専門とする組織で、投資パートナーはデンマークのコペンハーゲンにいます。
マラウイで現在力を入れているのは、風力発電です。
私たちは、ウインド&ソーラー、クレスコ、ハフニア・ウインドのコンソーシアムです。(ww.windnsolar.net, www.hafniawind.dk で確認できます)。
風力は、技術的にも、伝統的にも、そして商業的にも、私たちにとって重要なものです。
1970年代にヨーロッパがエネルギー危機に見舞われたとき、デンマークは風力発電の可能性を追求し、この国を自然エネルギーの世界的リーダーへと押し上げることになりました。マラウイも風には恵まれています。私たちは、風力発電と太陽光発電で、新型タービンの開発や改修の実績があります。風力発電は、山や丘、湖岸、海などに設置されたタービンで駆動します。デンマークのコペンハーゲンに拠点を置き、南アフリカ、スペイン、アフリカの国々で風力発電に取り組んでいます。マラウイでは、現地パートナーであるクレスコ社がムズズに拠点を構えています。私たちは、エネルギーのエコシステムに貢献し、持続可能なソリューションを開発し、気候緩和の代替案、経済的利益、エネルギー安全保障を支援することを楽しみにしています。

マラウイで投資したい場所は?

ムジンバでは、伝統的自治体カンピンゴ・シバンデのヌスンドワ村で投資を行っています。
風力発電の投資先となるのは、約1,500〜2,000ヘクタールの地域です。このプロジェクトは「ントゥンドワ・ウインド・ファーム」と呼ばれ、タービンは農業活動に影響のない丘陵地に設置されます。当社の設備はハイテクで、異常が発生すると即座に対応するスマートデータ機能を備え、主要部品の故障を事前に予測・軽減する予測保守をより正確に行うことができます。 スマートデータによって、私たちは予防保全から予知保全へと移行します。風力発電は、私たちの伝統であり、コアコンピタンスです。

風力発電にどれくらいの投資を予定していますか?

発電量については、50〜150メガワットの間で柔軟に対応しています。150メガワットの発電のために設備を導入する予定ですが、段階的なアプローチになります。金額的には、150MWの発電に約2億2,000万ドルを投資する予定です。かなり大きなプロジェクトですが、例えば50MWずつ規模を縮小していけば、金額はもっと下がります。システムバリューアプローチを採用することで、経済的、環境的、社会的、技術的な成果をより総合的に評価することができるのです。

もし当局から投資の許可が下りた場合、マラウイ国民へはどれくらいで電力供給が開始される考えているでしょうか?

プロジェクトの完成と試運転まで、24カ月から36カ月の開発期間を考えています。なるべく早く稼働させたいと考えていますし、マラウイの人々や政府には、「マラウイ2063」のビジョンに沿った結果を示してほしいと思っています。半年後には、道路インフラの整備や雇用創出などの活動を開始できると期待しています。

風力発電は、どの程度の価格で利用できるのでしょうか?

私たちは当局と協力し、消費者に納得のいく料金を提供できるよう努めます。風力発電はクリーンな天然資源ですから、料金が高くなることはないはずです。最新の気候変動に関する国際会議では、地球温暖化を抑制するために化石燃料を段階的に削減する必要性が強調されたことはご承知の通りです。また、風力などの再生可能エネルギーのコストは過去10年間で大幅に低下し、世界中でその普及が進んでいることも示されています。

どれだけの雇用が創出されるとお考えですか?

150人以上の雇用を創出する予定です。また、風力発電に関するオンライン教育の機会も提供する予定です。風力発電は、製造、設置、メンテナンス、サポートサービスにおいて、世界中で60万人の雇用を支える可能性があります。ですから、私たちの責任は雇用するだけでなく、将来のマラウイの風力タービンの専門家を育てることでもあります。また、海外にある風力発電の現場を訪れ、実際に体験し、学んでもらう機会も設けています。このプロジェクトは、電力供給能力の強化、国の経済回復の支援、産業分野の付加価値向上に貢献し、インフラをサポートし、その寿命を維持するために地元のチームを訓練することになるでしょう。

プロジェクト周辺のコミュニティはどのような恩恵を受けるのでしょうか?

私たちは、企業の社会的責任として、2つの学校の建設と道路インフラの整備を計画しています。また、コミュニティは診療所の設置を希望しています。さらに、パートナー企業と協力して、困っている人たちの移動を助けるための車椅子を提供することも計画しています。また、オフグリッドシステムを導入し、受益者であるコミュニティが自宅の電力を利用できるようにします。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。