【マラウイニュース】黒人のマラウイ人は私たちを虐待している- インド人らが不満

Black Malawians are abusing us – Indians complain

2022年3月8日 | Malawi 24

マラウイで商売をしているアジア人が、マラウイの黒人の手によって人種差別を受けていると政府に訴えている。

アジア・ビジネス・コミュニティは、国家統一大臣に手紙を出し、メンバーが人種的中傷の標的にされていることに懸念を表明した。
「アジア共同体は1800年代後半からこの国に存在し、マラウイを構成する一部となっています。最近の出来事により、私たちのコミュニティに対する社会の様々なセクションの認識が極端に悪くなりました。私たちは、この認識がねじ曲げられ、嘘と半分の真実に基づいていると信じています。」と伝えている。

そして、この問題について大臣と会談することを要請した。
大臣が地元メディアに語ったところによると、会談は今週の木曜日に行われる予定となっている。

最近、一部のアジア系住民が関与した汚職事件に基づいて、アジア系住民に対するソーシャルメディア上の攻撃が行われている。

ある汚職容疑者が、流出した音声の中で自分を中傷したとされる汚職規制局(ACB)の局長を訴えたことから、攻撃が始まった。

国家統一省は先週、「アジア系のマラウイ人に対するヘイトスピーチ、人種的動機に基づく暴力、排外主義的発言を助長する」と非難する声明を発表している。

同大臣は、人種差別的な暴力やあらゆる形態の差別を扇動しないよう、国内の人々に訴えた。「ある集団の1人や2人に問題があっても、マラウイ・アジア系という人種全体を代表することにはならないはずです。市民は、法の支配を尊重し、常に法の正当な手続きを取ることが奨励されます」と大臣は伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。