【マラウイニュース】魚の病気が生活と経済を脅かす

Fish disease threatens livelihoods, economy—study

2021年7月28日 | THE NATION

ムパタ機関による調査で、魚類の間で発生している流行性潰瘍性症候群(EUS)が、広範囲に経済に大きな悪影響を与える可能性があることがわかった。

調査によると、この病気がコントロールできない状態にあると、生物多様性、所得、食糧保障、国際貿易の面で、間接的に更なる経済的な影響を与える可能性があるという。

EUSの拡大を防ぐために政府は対策を行っており、以前は中央地区で流行していたが、北部マラウイのルンピ地区南ルクル川で報告されている。
漁業分野は、魚の消費者として多くのマラウイ人の生活の中で重要な役割を担っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です