【マラウイニュース】高い給与予算がカロンガ議会を苦しめる

High wage bill chokes Karonga Council

2021年5月13日 | THE NATION

カロンガ地区議会が、歳入の縮小によって直接雇用しているスタッフへの支払いに苦しんでいると伝えている。

カロンガ地区委員代行によると、毎月の給与予算は約K1,500万に対して、歳入はK900万~1,000万の間であるとしている。
税金を徴収するために、各マーケットを定期的に訪問する徴収監視チームの設置を計画している。

また、手配したトラックの高額な維持費のため、議会はカロンガのメインマーケットでゴミ収集ができていないとも伝えている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。