【マラウイニュース】騒音への懸念が深まる

Noise pollution a growing concern

2021年11月28日 | THE NATION

ブランタイヤの南ルンズコミュニティ・デイ・セカンダリー・スクールでフォーム3への進級試験を最近受けた14歳の少年は、試験結果が悪いのではないかと不安を感じている。

彼はブランタイヤのマチンジリにあるナントカという住宅地のパブからの大きな音楽のせいで自宅で勉強ができなかったという。
国家統計局によるとレポートでは、うるさい空港や通りの近くに住む子どもたちは、ストレスと記憶、注意レベル、識字能力での障害に悩まされているという。

彼の父はブランタイヤ市議会(BCC)に、居住地域にあるそれらのパブらがもたらしている騒音と不衛生について申し立てを行っているが、これまでのところ何も行われていないという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。