【マラウイニュース】食料価格の高騰が貧困家庭を直撃

Rising food prices hit poor households

2022年4月20日 | THE NATION

マラウイの家庭は総予算の平均63%を食料に費やしており、世界銀行は貧困層が物価上昇のショックに対して脆弱であると指摘している。

世界銀行は、2022年4月に発表した「アフリカの鼓動」の中で、予算に占める食料費の割合が高いことが、食料価格上昇の影響を富裕層よりも貧困層の世帯に与えていると伝えている。

報告書の一部では「すべての世帯が食品インフレの影響を受けるが、食料支出の割合が高い国の貧しい世帯(下位60%)が最も苦しむことになる。サハラ以南のアフリカ諸国の貧困層では、食料への支出の割合が比較的高い。」と伝えている。

しかし、同銀行は、一次産品価格の上昇は一部のサハラ以南のアフリカ諸国に課題を突きつけているものの、適切な経済政策が実施されれば、機会を提供することも可能であると述べている。

同銀行は報告書の中で次のように述べている。
「既存の市場の混乱に対応するための政策オプションは、関連するショックが一過性のものか永続的なものかによって異なる可能性がある。ショックが一過性のものであれば、政府は価格上昇による利益を得るためのメカニズムを検討または強化し、その資源の一部を貧困層や弱者を保護するために投入する必要がある。」

それ以来、銀行は、商品価格の高騰がインフレ率の上昇につながると警告している。

消費者物価指数(CPI)は、消費財やサービスのバスケットの価格の加重平均を測定するツールで、この地域の消費者支出の40%を食費が占めている。

先進国では、家計支出の17%を占めている。

一方、マラウイのヘッドラインインフレ率は、食品および非食品価格の上昇により、1月の12.1%から2月には0.9%ポイント上昇し13%になりました。

国家統計局の公表データによると、当月は食品インフレ率が15.3%に上昇し、非食品インフレ率は14.2%から10.1%に、9.6%から上昇している。

メイズは、食品成分の一部として、インフレを計算するための財とサービスの集合バスケットであるCPIの約45.2パーセントを占めている。

マラウイ消費者協会の事務局長は、先のインタビューで、インフレ率の上昇は、生活費が上昇し続けているため、消費者が感じているものだと述べている。
「多くのマラウイ国民は、1年前には手ごろな値段で手に入った基本的な生活必需品を手に入れることができない、という問題に直面しています。インフレ率の上昇は、可処分所得の不足にも影響しています。」と話している。

一方、マラウイの4都市(リロングウェ、ゾンバ、ブランタイヤ、ムズズ)の生活費は、2月に平均5.45%上昇しK255,593となり、6人家族の世帯では食品バスケットが平均K147,134に、非食品バスケットが平均K107,985に上昇している。

一方、最低賃金は、K50,000に留まっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です