【マラウイニュース】電子登録と電子決済で教員が歓喜

E-Registration, Payment Excite Teachers

2022年5月9日 | Malawi Voice

国公立・私立の学校関係者からは、国家試験の受験者登録や受験料徴収の電子化を高く評価する声が聞かれている。

これは、マラウイ国家試験委員会(MANEB)が2021年に試験費用の支払いに健全性をもたらし、通常登録時に発生する学校レベルの問題を解決するために、試験段階としてこのシステムを導入したことによるものである。

このデジタル取引は、初等教育修了証(PLSCE)、ジュニア教育修了証(JCE)、マラウイ学校教育修了証(MSCE)のためのものとなる。

ゾンバ地方の初等教育アドバイザーは、月曜日にマラウイ・ニュース・エージェンシーの取材に対し、電子登録と電子決済の導入により、校長らが行っていたスタンダード8生徒の登録作業が簡素化されたと話している。

また、このシステムにより、農村部の教師が教育分野における情報、コミュニケーション、テクノロジーに関する知識を向上させることができたと述べている。
「以前は、受験生からデータを手動で収集していました。MANEBのオフィスに受験生の情報を送る際にも、教師は長距離を移動していました。地方にいるほとんどの教頭は、以前はキーパッド付きの古い電話を持っていましたが、今では各校長がスマートフォンを持っているので、教育セクターにおけるICTの知識が増えました」と彼女は話している。

リロングウェのジャモ私立校のディレクターは、このシステムによってサービスの効率と効果が高まったという。

ディレクターは、このシステムにより、見当違いの学校管理者による試験費用の盗難が減少したと付け加えている。
「現在では、受験料を管理するのは保護者です」と伝えている。

しかし、ゾンバ・バプティスト私立学校の校長は、このシステムの目的を達成するために、地方でもインターネットにアクセスし、高速化するよう通信事業者に要請している。
「接続のためには安定したインターネットが必要です。ネットワークの問題でログインできないこともありますが、全体としてこのシステムは良いものです」と彼は述べている。

マラウイICT協会(ICTAM)の会長は、この動きを歓迎し、教育分野でよりテクノロジーを重視した方向に進むことができるだろうと述べている。
「このシステムは、政府機関やMDAに業務のデジタル化を求めている政府のデジタル化アジェンダに呼応し、共鳴するものです。」と話している。

マラウイ国家試験委員会は、システムの立ち上げの際に、システムは段階的に実施されると伝えている。
これまでのところ、北部教育部門、中央西部教育部門、南東部教育部門の19地区がこのシステムを使用している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。