Digital payments up in third quarter | THE TIMES

2020年11月24日 | THE TIMES

マラウイ中央銀行(RBM)が金曜に発行した国家決済システム(NPS)レポートによると、2020年第3四半期でのマラウイ国民における電子決済量が増加している。

2020年7月~9月で、電子金融サービス(DFS)取引の量と価格が30%と30.7%、1億3,040万取引とK2兆とそれぞれ上昇した。

マラウイICT協会の代表によると、4月にマラウイ中央銀行が指示した、COVID-19の感染拡大に対応するために、金融業界は送金手数料を40%引き下げが起因しているという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください