【マラウイニュース】電力需要が高まる

Power demand soars

2021年6月12日 | THE NATION

マラウイ電力供給公社(Escom)が、2020年に1,576ギガワット(GWh)を販売し、前年の1,477Gwhから6.3%増加したことが財務省の報告でわかった。

マラウイ湖の水位とシレ川の水量低下によって、全発電所での総発電量が低下傾向であるが、利用可能な発電所は増加し、整備レベルは上がり、利用者は増加している。

マラウイは現在約800メガワットの電力需要が予想されており、358メガワットの電力不足に直面している。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。