EGENCO set to seal 50 Megawatts solar plant contract in Salima

2021年9月22日 | Face of Malawi

電力発電公社(EGENCO)が、サリマの50メガワットのナンジョカ・ソーラーパワー発電所の建設で請け負い事業者と契約を結ぶこととなった。
EGENCOの広報によると、契約は今月に行われる可能性があるとしている。

この建設計画は段階的に行われ、第一段階で10メガワットから開始される。
広報は、今計画の予算を公開することはできないが、書類手続きが済めば国民に公開できると伝えている。

現在EGENCOは、ムパタマンガ水力発電所とカンワンバ石炭発電所を含む新たな発電所建設のために資金調達も行っている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください