Escom seeks 10% Tariff increase

2021年9月15日 | THE NATION

電力を提供しているマラウイ電力供給公社(Escom)が、マラウイエネルギー規制局(Mera)に電気料金の10%値上げを検討する提案を行ったが、消費者はこの保留されている値上げを受け入れられないとしている。

発表されてた声明でMeraが、料金調整の提案は、合意した主要運営指標(KPIs)と年間規制監査の結果に対してのEscomの運営状況を評価した後に検討されることとなる伝えている。

2018-2022年Escom基本料金計画では、Meraは2018年10月に4年間での31.8%の基本料金を承認しており、段階的に値上げしていた。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください