Escom hopes Treasury will fund free electricity connection

2021年9月1日 | THE NATION

マラウイ電力供給公社(Escom)が、今年度に開始される予定の無料電気接続プロジェクトに政府が拠出することを求めている。

Escomの営業顧客サービス部長は先週のインタビューで、当社は政府からの拠出を受けていないために、接続は当然ながら事業となっていると伝えている。
Escomは有限責任会社であり、政府からの補助は受けておらず、事業の継続のために十分な資金を生み出すことが求められているという。

サービス部長によると、新規電力接続への資金調達のために、Escomはマラウイエネルギー規制局の承認を受けて金融機関から資金を融資しなければならないという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください