Govt’s plan to relocate refugees to Karonga on track

2021年10月13日 | Nyasa Times

難民と亡命希望者らをカロンガの新しいキャンプに移送することで、ザレカ難民キャンプの混雑を緩和するマラウイ政府の計画は進んでおり、難民部門は、これから3カ月以内に必要な手続きが終わると楽観していると伝えている。

ザレカ難民キャンプは10,000人を収容するために設置されていたが、現在51,500人の難民と亡命希望者が居住しており、41,000人以上が収容能力を超えていることになる。

難民委員会の委員長によると、移送計画は土地取得手続きの完了が遅れていることで、移送はスローガン化していたという。
委員会の議長と委員らは、ザレカの混雑が住人の健康被害をもたらしており、土地取得問題を急ぐよう求めている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください