【マラウイニュース】難民か経済移民か

Refugees or economic migrants?

2021年5月3日 | Nyasa Times

難民と亡命希望者のグループが、政府によるザレカ難民キャンプへの難民移送措置の差し止めを勝ち取った。移送に反対していた人々は、都市部や郊外で儲かる商売を行っている裕福な難民たちである。

マラウイには、ケニアなどいくつかのアフリカ諸国と同じように難民らはキャンプに収容され、彼らの身分は受入国で一時的なものになることは良くしられている。
いつか難民らは自身の母国に送還されることになる。

移民が事業を行いたい場合、事業居住者許可(BRP)の申請をして、商業銀行で外国投資の登録をして通常の手続きに従うべきである。
本当の投資家は難民や亡命希望者、日用品店の運営やマーケットでの商品販売事業者としてやってくることはない。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。