【マラウイニュース】銀行が貸出金利を13.8%へ引き上げ

Banks hike lending rates, now at 13.8%

2022年6月7日 | THE NATION

商業銀行が基本貸付金利を引き上げたが、アナリストは、最近のクワチャの25%切り下げと差し迫ったインフレ上昇のためと説明している。

スタンダードバンク、CDH投資銀行、ナショナル・バンク・オブ・マラウイなど国内の商業銀行が発表した声明によると、貸出金利は5月の13.5%から13.8%に引き上げられたことが示されている。

土曜日のインタビューで経済統計学者は、インフレ率の上昇が予想されるため、銀行は自らを位置づけていると語っている。

国家統計局によると、インフレ率は2022年4月現在15.7%で、主に食品と非食品のインフレ率の上昇により、今後も上昇し続けることが示唆されている。

マラウイ消費者協会の事務局長は、経済の混乱が続いていることから、このような事態は予想されていたが、今回の値上げは消費者にとって新たな打撃となると述べている。
「我々は以前から、中央銀行が報告したように、消費者がローンを返済していないことから、すでに金利が高いことを不満に思っていた。これは消費者にとってさらに厳しい時代を意味し、ローンを返済するのに苦労することは間違いない。」と話している。

マラウイ先住民ビジネス協会の会長は、基本貸付金利の上昇は、中小企業にとって災いのもとであると話している。
「これは、Covid-19の大流行からまだ回復しておらず、事業を強化するために大流行のピーク時に受けた融資の返済に苦労している我々中小企業にとって、息抜きの余地が少しでもあるということです」と彼は伝えている。

先月、マラウイ中央銀行(RBM)は政策金利を12%から14%に改定し、この動きにより銀行の貸出金利は平均11%から13.56%へと上昇している。

RBMの総裁は、政策金利の引き上げを正当化し、中央銀行は、パンデミックによる需給不均衡の持続、サプライチェーンの混乱、ロシア・ウクライナ戦争によって悪化した世界のエネルギー・食料価格の上昇を受けて、インフレ圧力が高まり続けていることに留意した、と述べている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。