【マラウイニュース】鉄道計画にK200億の追加費用

Railway project to cost K20bn more

2022年3月14日 | THE NATION

運輸公共事業省は、予定されていた44キロメートルのバングラ・マルカ鉄道プロジェクトの請負業者として中国企業に決定し、K200億追加費用が発生することになった。

当初、マラウイとモザンビークのインド洋沿岸のベイラ港を鉄道で結ぶこのプロジェクトは、ポルトガルの建設複合企業モタ・エンジルが受注していたが、その後この契約は取り消された。

金曜日のインタビューで、運輸公共事業大臣は、プロジェクト費用の増加を正当化し、モザンビークの標準に合わせた鉄道路線の設計変更によるものだと述べている。

作業範囲が変わったため、コストアップにつながったとしている。
「鉄道以外の工事も増えました。また、モザンビーク側がすでに建設しているものに合わせて、レールの耐荷重を変更しました。1軸あたり18トンから20.5トンになりました」と話している。

昨年、モタ・エンジルはK480億で鉄道プロジェクトの最低落札価格を提示しましたが、汚職規制局(ACB)は調達の不正を理由に入札を無効とした。

しかし、公共調達資産処分庁(PPDA)の指導により、運輸公共事業省はプロジェクトを再入札し、金曜日にThe Nationに公開された契約締結の意思表示書によると、中国鉄道20局グループの提示額はK682億7941万9400.85 であることが判明した。

通知文の一部によると「マラウイ共和国政府は、運輸公共事業省を通じて、マルカからバングラまでの鉄道区間の設計、改修、改良の費用として予算を計上しました」としている。

また、現在のプロジェクト費用は、中国鉄道が最初に入札で提示した金額よりもK80億多くなっている。

中国鉄道はK599億667万3465.11を提示し、中国土木がK797億6654万0 032.76を提示したため、上位3社のうちK482億4486万1524.98を提示したモタ・エンジルから2番目に安い入札者となった。

しかし、大臣は、今回は制限付き入札を行い、最初に中止された入札に参加した入札者のみが入札に参加したと伝えている。

しかし、大臣は制限付き入札で入札者が提示した価格の詳細を説明できず、同省の主席秘書官は、計画部門の職員に照会した。秘書官はまだ我々の質問状には答えていない。

昨年5月に政府関係者がモザンビークの鉄道を視察したにもかかわらず、最初の入札で同省がモザンビークの規格に合う鉄道を決定しなかった理由は不明である。

これは、モザンビーク大統領がムタララからマルカまでの44キロの補修工事を正式に開始したのと同じ時期である。このとき、モザンビーク側は半分以上の区間の工事を終えていた。

マラウイとモザンビークは、同訪問時に「今月までにリハビリ工事を完了させる」という覚書に署名しているが、マラウイでの実際の工事はまだ始まっていない。

2015年に発表されたプロジェクトフィージビリティスタディ報告書によると、ベイラとナカラはマラウイの輸出入の90%以上を取り扱っています。

ベイラにつながるセナ線は、モザンビーク内戦後の1980年代に閉鎖されている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。