MEC announces ‘comprehensive’ review of ward and constituency boundaries

2021年8月30日 | Nyasa Times

憲法に示されている義務の遂行と、2025年の総選挙と大統領選の準備として、マラウイ選挙委員会(MEC)が、全国会議員選挙区と地方議会選挙区の包括的な見直しの実施を予定しており、憲法76条の規定に従うことになると、8月30日に発行されたMEC委員長代行の署名による公開声明で伝えている。

MECは憲法と国会法に従って、選挙を管理、監視、実施の義務を持ち、憲法第75条の下に組織されている。
特に憲法第76条は、委員会に公平に選挙区を決定する義務を与えており、選挙区はほぼ同じ登録可能な投票者数を持っており、人口密度、地形的な特徴、現在の管理区画だけを考慮し、5年以内に現在の選挙区を見直し、憲法に従った原則で変更されることになる。

この手続きを考慮して、委員会は全ての政党、市民団体、事業団体、学術界、宗教団体、全ての関係者に、意見や見解、提案を提出してもらうよう呼びかけるという。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください