【マラウイニュース】通信規制局がモバイルマネー詐欺の規制へ

Macra moves to curb mobile money fraud

2021年2月3日 | THE NATION

マラウイ通信規制局(Macra)は、モバイルマネー詐欺や端末の盗難などの犯行を防止するため、中央機器識別登録を展開する計画を発表した。

Macraの事務局長は、月曜日にリロングウェの公費会計委員会(PAC)に出席し、Macraの業務に関する質問に答えた後のインタビューで、このことを明らかにした。

また、SIMカードは登録されているが、窃盗犯は異なるSIMカードを使用するため、モバイルマネー詐欺に対抗するのは困難であるとし、あるSIMカードがブロックされると別のものに乗り換え、電話が盗まれると犯人は別のネットワークに乗り換えるため、電話をブロックするのは困難であると付け加えている。

事務局長によると、中央システム識別登録は、金銭詐欺に使われた携帯電話を識別するだけでなく、盗まれた携帯電話もブロックするのに役立つという。
「その典型的な例がモバイルマネーの詐欺問題です。私たちは調査を行い、これらの詐欺のほとんどが特定の地域から行われていることを確認しました。チチリにある地域、ゾンバにある地域です。さらに詳しく調べてみると、1台の端末を使いながら、100枚のSIMカードを使っていることがわかる。エアテルが1枚のSIMカードをブロックすると、彼らは2枚目のSIMカードを挿入します。そのため、このような行為の拡散を阻止するために、中央機器識別登録が展開されることになります。」

「エアテルとTNMはすでにこれらの携帯電話を識別していますが、今度はそれを統合して、エアテルで盗難が報告されてもTNMには渡らず、TNMでは誰もその携帯電話を使用しないようにしたいと考えています。携帯電話詐欺に使われた可能性がある端末は、ブラックリストに載せて、マラウイ国内のどこでも使えないようにします。これが、中央機器識別機関がもたらす利点です」と伝えている。

PACの議長は、このような犯罪によって国民が騙されており、犯罪行為を阻止するための努力を強化する必要があるとし、この取り組みを支持している。国内では、携帯電話の不正使用や携帯端末の盗難が後を絶たない。
当局はこの犯罪を撲滅するために努力しているが、犯人は抜け穴を見つけ、いまだにこのような不正行為に手を染めている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です