【マラウイニュース】通信格差でマラウイにK110億の損失

Connectivity gaps Cost Malawi k11bn

2021年8月18日 | THE NATION

情報通信技術(ICT)分野が、携帯電話通信エリアを200万人の国民のいる未達エリアへ拡大することで、毎年さらに約1,300万米ドル(約K110億)の歳入を生み出すと産業調査が見積もっている。

マラウイ通信規制局(Macra)ICT市場利用格差調査の草案によると、国内の433の農村地域のうち、233地域が不十分な通信状況で、3Gと4Gのいずれも圏外となっているという。

調査は、通信事業者はほとんどの商業的に価値のある地域をターゲットにしており、結果的に、リロングウェ、ブランタイヤ、ゾンバのような主要都市はほぼ100%のカバー率となっている一方、チティパ、ルンピ、ムジンバのカバー率はそれぞれ、27%、67%、74%となっている。

close

マラウイニュースメルマガ登録

メルマガ限定配信のマラウイ超ローカルニュースが無料で受け取れます

マラウイ・アフリカ・国際協力に興味があったら登録しよう!

プライバシーポリシーについてはこちらを確認してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。